プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

久しぶりのモーツァルト 

DSC03714.jpg


午後、作品の削りをやっているときに懐しい
声が聞こえてきた。今は亡き音楽評論家の
吉田秀和さんの声だ。ゆっくりと穏やかな調子で
クラッシック音楽の解説をする。聞いていてとても
心地よい。

今日はモーツァルトのピアノ曲についての解説だった。
モーツァルトが死ぬ少し前に完成させたというピアノ
協奏曲第27番。 病苦と借金苦で精神的にも肉体的
にも本当に苦しい時期に作られたという。妻のコンス
タンツエは持病の療養で温泉に行っており、孤独の中での
作業だったという。

そんなモーツァルトの労作を、ジョージ・セル指揮、クリーブ
ランドオーケストラ、ピアノ、ルドルフ・ゼルキンで聴いて
みようと言うことになった。セルもゼルキンも職人芸に卓越した
指揮者と演奏家だ。どちらかというと玄人好み。現代では
一部の愛好家をのぞいて、すっかり忘れられてしまっている。

だがラジオから聞こえてくるモーツァルトのその曲は軽快な中にも
迫りくる死の予感が全体に漂っているようで、厳かな静寂感に
充ちている。二人の共演はこの謹厳な雰囲気をしっかりと表出し
まさに名人芸にふさわしい演奏を聞かせてくれた。とても有意義で
楽しい午後のひとときを過ごさせてもらった。



スポンサーサイト

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuufuugama.blog66.fc2.com/tb.php/610-d3ff10b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。