プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

幸福になること・・・ 

DSC03662.jpg


フランスの作家、バルザックの小説“ウジェニー・グランデ”の
中で、“幸福になることを求めるより、善良であることを求めな
さい”という一説がある。

人間、幸福になろうとするとつい自己中心的になって
まわりのことが目に入らなくなる。自分の幸福を追求する
あまり他人に迷惑をかけることも多々ある。そして悪いことに
それは本人にはあまり自覚されない。それは本当の意味での
幸福追求とはかけ離れたものである。幸福は求めるものではなく
向こうからやってくるものである。自己研さんしてじっと待つのが
王道でしょう。

もしわれわれが努力して求めるべきものがあるとしたら
このバルザックが言っている“善良であること”だろう。
日本語で言うと“人がいい=善良な人”みたいに聞こえて
はなはだ深みにかけるのだが、“ To be good "と、英語になると
いささか意味が違ってくる。この中には努力して“善”に近づくと
いうニュアンスが含まれ、そこには宗教的、哲学的な命題が含まれる。

裏表もない心の広い、そして私利私欲のない善人になるにはそれ
なりの覚悟と努力が必要である。ぽかんと口を開けて待っていても
“Be Good”とはなれないのです。そういう意味でも、常に“Be good ”
足らんとして自己研さんを積むことにやって初めて、真の意味での
幸福にたどり着くことができるのだと思われます。




スポンサーサイト

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuufuugama.blog66.fc2.com/tb.php/603-5e4b35ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。