プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

昔は力があったなあ・・・ 

DSC03605.jpg

昨日菊川市にあるフレンチレストラン“サヴァカ”に
友人夫妻とランチに行ったのですが、定評あるシェフの
料理を堪能したのはもちろんですが(山口シェフとは
サヴァカ開店当時頃からの知り合いです)、そこで
久々に対面した自分の器に少なからず感動を覚えた
いうか、”おお、なかなかいいじゃん”といううれしい
ような、こそばゆいような感慨を持ちました。

DSC03598.jpg

山口シェフ渾身の料理が品よく盛られてきた鉢や皿は
かつて藤枝駿河台団地に住んでいた時代に、わずか
8坪ばかりの狭い工房で、それこそ渾身の力を籠めて
作品を作っていた時の物でした。

当時は多くの作家が俗に言う独創的な食器を、競い合う
ように世に出していた時代でした。使い勝手や、品性、
料理との相性などは、ほとんど無視され、ただ作家の
独創的・的な意図だけがバカみたいにもてはやされ、
多くの焼き物愛好家が、2,3回使えば即お蔵入りの
ガラクタ食器を買わされていました。

DSC03600.jpg

そんなわけで昨日、“サヴァカ”で15年前に作られた鉢
などが大事に使われているのに接して、“食器はこうで
なくてはいけないよなあ”と、手前味噌な自画自賛に浸った
次第でした。

結局、食器も花器も料理や花の引き立て役、そこででしゃ
ばってシャシャリ出たら本末転倒というもの。あくまでわき
役に徹して、主役の力を最大限に引き出す。作家たる者
いつも肝に銘じておかねばならぬ鉄則である。
スポンサーサイト

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuufuugama.blog66.fc2.com/tb.php/583-8c606a0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。