プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

女性をなめてはいけない!! 

DSC02969.jpg
   午前6時  見事な空模様

女性をなめると手痛いしっぺ返しを食らう。痛い目に
あわされた諸君も多いと思う。特に中年以上の、自信
過剰や自称うぬぼれ男にこの犠牲者が多いという事実
にはなんとなく納得できる。

小生なども何度となくこの危機に遭遇してかろうじて
生き延びている一人である。

この格言は明治時代にも幅を利かせていた模様で漱石の
“ネコ”の中にもこんなくだりがある。

「諸君女に向かって聞いてごらん、“あなたは人が困るのを
面白がって笑いますか”と。聞かれた人はこの問いを提出した
ものをバカというだろう、バカと言わなければ、わざとこんな
問いをかけて淑女の品性を侮辱したというだろう。侮辱したと
思うのは事実かもしれないが、人の困るのを笑うのも事実である。
であるとすれば、これから私の品性を侮辱するような事を自分
でしてお目にかけますから、何とか言っちゃあいやよと断るのと
一般である。・・・・
 
女はなかなか利口だ、考えに筋道が立っている。卑しくも人間に
生まれる以上は踏んだり、蹴ったり、どやされたりして・・・
大きな声で笑われるのを快く思わなくてはならない。それでなく
てはかように利口な女と名の付くものと交際は出来ない。」

か弱き者、汝の名は女なり。
図太き者、汝の名もまた女なり。

男性諸君、女性と相対するときは心してかかるべし。
スポンサーサイト

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuufuugama.blog66.fc2.com/tb.php/502-c71c05bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。