プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

これが現実・・・目を背けてはいけない 

DSC02871.jpg


先日の朝日新聞の声の欄に、結婚を控えたカップルの
幸せを祈る文がありました。

投稿者はレンタルのウエディングドレスなどの縫製を
手伝っている方でしたが、試着に訪れるカップルの希望に
満ちた話に自分も同じように幸せになると書いていました。

そして今日も16本のすそ上げをして、人生で一番大事な
イベントである結婚式に思いを馳せ、幸せのの数も
それだけあると思ってほっこりしたと結んでいました。

ここまではとても心温まる記事でいうことありません。

ところが問題は同ページに掲載された特集記事です。
この記事を読んで少なからず暗澹とした気持ちになら
なかった人はいないと思われます。いやたぶん多くの人が
涙を流したことでしょう。

記事のタイトルは“31歳女性衰弱死 なぜ? ”でした。
多くの人がこの出来事をテレビニュースなどで見たことと思います。
11月18日、この女性は電気、ガス、水道を止められた
アパートの押し入れで衰弱死した状態で発見されました。

女性は年老いた母親と共に長年、生活保護も受けられずに窮乏
生活を強いられていたのですが、SOSを出すところもなくほとんど
世間や社会から見捨てられた状態で死んでいったのです。

この女性の死に対する責任がどこにあるかを追求してもしょうが
ありません。これが現実なのです。不運だったとしか言いようが
ありません。おそらく99、9%の人はこのような悲惨な状況
とは全く無縁でしょう。だが現実には残りの0、1%の人たちは
このような悲惨な状況の中で苦しんでいるのです。

我々は、今自分たちがある幸せな状況に不平や文句を言っては
いけません。世の中には、ほんとに小さなつましい生活さえ
ままならない人たちが現実として存在していることを肝に銘じる
べきでしょう。

幸せの絶頂にある人たちがいるすぐ後ろに、不幸せに押しつぶ
されようとしている人もいるのです。これがまぎれもない人生の
現実です。
スポンサーサイト

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuufuugama.blog66.fc2.com/tb.php/478-d7b42e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。