プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

木曽路…馬籠の宿 

DSC02657.jpg


久しぶりに木曽路を訪ねた。実に35年前の新婚旅行
以来である。馬籠から妻籠まで旧中山道をゆっくりと歩いた。

紅葉の始まりかけた木曽路は、島崎藤村の「夜明け前」
の描写のごとく、深い山の中にある。山の色合いが
静岡の山と違ってとても濃い。

まずは馬籠から歩き始めた。馬籠は35年前と比べて随分
とハイカラになっていた。あの時は数軒しかなかった
お店屋さんが随分と増えていた。

大型バスが止まれる駐車場もたくさん作られていて、多くの
観光客がたむろしていた。パラパラとしか人が見られなかった
昔とは雲泥の差である。

DSC02661.jpg


いよいよ中山道に入る。「夜明け前」の青山半蔵の
世界だ。天気は快晴。気温も20度前後。さわやかな
風が吹いていて、歩いていてとても気持ちがいい。
クマよけベルのりんりんという音がリズミカルに山中に
こだまする。

我々と同じように歩いている人にたくさん出会う。面白い
ことにほとんどが外国人だ。いろいろ話してみると、やはり
文明にけがされていない昔の素朴な日本の姿にあこがれて
木曽路を訪ねたということだった。

DSC02668.jpg


車やバスでやって来てちょこっと馬籠や妻籠を見学して
消えてしまう日本人が多いが、実にもったいない気がする。

皇女“和宮”の下向などの往時をしのんで、いろいろ想像
しながら、ゆっくり歩きたいものである。


スポンサーサイト

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuufuugama.blog66.fc2.com/tb.php/445-08b5649a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP