プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

出産したらおやめなさい 

DSC02470.jpg


”出産したら会社をおやめなさい”という週刊現代にのった
曽野綾子さんの記事に多くの反論が寄せられている。

もちろん曽野さんの記事の趣旨は、すべての働く女性に向け
られたものではなく、一部の権利意識の強いワガママ女性、
あるいは甘ったれ女性に向けられたものであるが、こういう主張が
多くの真面目に働く女性を傷つけ、子育てをしながら働き続けよう
とする意欲をそいでいることも確かである。

この手の論争は賛否両論があって、いずれの立場も完全に正しいと
言い切れない所に難しさがある。働く女性の権利をサポートする
ことには全く異論はないが、その権利の乱用によってこうむる
他の人の迷惑も理解できる。

いつも思うのだが、この手の論争時にいつも忘れられていると
思うのは、こういう議論のもとである子供の権利…つまり子供たちを
どう守り育てていくかということです。

少子高齢化の現代、子供は日本にとって宝以上のものである。その
宝を大事に守り育てていくことは、日本の将来にとって非常に大事な
ことではないか。いかにしたら子供の数を増やすことができるか、
そのためにはどういう環境を整えたらいいか・・・

この女性の労働問題もこういう視点に立てばおのずから解決法が
見つかるような気がする。子供を産み育てるために女性だけに犠牲を
強いてはいけない。大いに知恵を絞って、子育ても仕事も両方とも
楽しくやっていける方策を探るべきである。

そうしたら日本の未来もきっと明るくなるだろう。日本中が子供の声で
にぎわっている公園みたいになったら、さぞかし愉快だろう。




スポンサーサイト

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuufuugama.blog66.fc2.com/tb.php/400-93171c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。