プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

森鴎外・・・・“雁”より 

DSC02530.jpg


岡田という一人の学生が本郷近くの下宿屋に住んでいた。
彼は学業優秀でかつ美男子であった。近隣をカントのように
時間きっちり散歩するのが日課となっていた。

やがて彼はあるこじんまりとした清潔な家で、一人の女性と出会う。
高利貸しの妾となっていたお玉であった。お玉は生来、素直な性格で
父親始め皆から好かれ、そのうえ美人であった。彼女は古いしきたりや
慣習に逆らうことなく、従順に平凡な毎日を送っていた。

そんな彼女に変化が起こる。岡田を毎日見ているうちにだんだんと
恋心を感じるようになってきたのだ。岡田のほうでも好意を抱いて
いるようなのだが、内気な彼は黙って通り過ぎるばかりだった。

お玉が意を決して岡田に告白しようとした時、岡田は不運にも友達と
一緒だった。そしてむなしくお玉の前を通り過ぎてしまった。留学が
決まっていた岡田は、あくる日、日本を立ってしまう。お玉の恋は
こうしてはかなく消えてしまった。

しかしここにはお玉の心の成長がみられる。岡田に恋するうちに、
彼女は“女は従順でなくてはならない”という当時のしきたりを捨てて、
だんだんと自我に目覚め、密かに自分の意志を貫こうとする。女の
自立への戦いが始まったのだ。

DSC02533.jpg


お玉はイプセンの“人形の家”のノラでもある。女性を長い間縛って
きた悪しき慣習やしきたりに気が付いたのだ。そしてそれらをふり捨て
新しい自立した女性を目指して進み始めたのだ。

お玉もノラも戦いを始めたばかりで、その後の経緯はここではわから
ない。が、この戦いこそ、明治、大正、昭和、そして今日へと続く、
女性の自立という偉大な目標への先駆けとなったのは間違いない。

鴎外が封建時代の思想が色濃く残る明治という時代に、こんな小説を
書き得たのはまさに驚きであり、鴎外の先見性に敬意を表さざるを
えない。
スポンサーサイト

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuufuugama.blog66.fc2.com/tb.php/395-c88aa07a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。