プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

愛の調べ…クララ・シューマン 


DSC02498.jpg


キャサリン・ヘップバーン主演の映画“愛の調べ”を見ました。
シューマンとその妻クララとの深い愛の生活を描いた作品です。

クララは父親の強い反対を押し切って結婚し、7人の子供を育て
ながらシューマンを支えていく。やがてシューマンを慕って
やってきた若きブラームスを家族の一員に加えて、明るく充実した
にぎやかな楽しい生活をおくる。

だが、やがてこのシューマン家に暗い影が立ち込め始める。
仕事に打ち込み過ぎてうつ病にかかったシューマンが身体に
変調をきたし、音楽活動もままならなくなっていくのだ。
一方ブラームスはその才能をますます発揮して、音楽界の
寵児となっていく。(彼は密かにクララを愛している。)

クララは健気にも夫を支え続けるが、シュ-マンの体調は
さらに悪化し、ついに最後の演奏時に倒れてしまう。
そして精神病院に送られ、失意のうちにその命を閉じる。

最後に病院でシューマンがクララに弾いた曲は、くしくも
婚約当時にクララにささげた“トロイメライ”だった。
哀愁を帯びた美しいメロディーには心打たれるものがある。

DSC02501.jpg


シューマン亡き後、ずっとクララを慕っていたブラームスは
彼女に求婚する。その意に感謝しつつも、クララはシューマンとの
想い出を大切にしようと、彼の申し出を断り、シューマンの音楽の
普及に一生を捧げる。

この映画を見たのは、もう40年ぐらい前、小生もまだ独身であった。
そして結婚するなら、クララのような女性と・・・と密かに思っていた。

今の奥さんがクララのような女性かは・・・だが、明るく前向きな
ところはよく似ていると思う。いろいろ支えてもらっている。ただ、
ブラームスのような若者は家にはいない。
スポンサーサイト

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuufuugama.blog66.fc2.com/tb.php/392-58629f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。