プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

英霊たちの真実・・・「野火」より 

DSC02465.jpg


大岡昇平の“野火”は恐ろしい小説である。
小説というよりも、ドキュメンタリーといったほうが
適当かもしれない。ここには作り事ではない真実が綿々と
綴られている。

太平洋戦争末期、日本の配色濃いフィリピン、ルソン島や
レイテ島での日本軍の行動(逃避行)が迫真迫るタッチで
語られている。

援軍も食料もなく、アメリカ軍とフィリピンゲリラに追われながら
ただひたすら、ジャングルの中をさまよう田村一等兵とその仲間たち。

過酷な環境の中で次々に倒れていく兵士たち、けが人や病人も
見捨てられて道端に置き去りにされ、死んでいく。

それでも日本軍との合流を目指して、わずかな食料を携えて、逃避行を
続ける者たちはぼろぼろの衣服をまとい、痛む体を励ましながら
ジャングルの中を歩き続ける。

すでに島全土を敵軍に制圧されている現状での行軍にはほとんど
希望がない。かつてアジアでは無敵といわれた日本軍も、これら
味方の兵士たちを見捨ててとっくに退却してしまった。

田村一等兵はこの孤独な行軍の最中に恐ろしい経験をする。
それは取り残された兵士たちが食料も尽き、ヤマビルや草木を
食べ飢えをしのいでいる姿だった。

そして最後の手段として“サル”を取って食料としている
かつての仲間と出会う。そしてこの“サル”こそ“ヒト”
そのものだったのだ。この仲間は飢えをしのぐ最後のの手段
として、神の掟を破り人間を食料としてしまったのだ。

人間をここまで追い込んでしまう戦争とはいったい何なのか。
戦争を追行する正義とはいったい何なのだ。どんな大義名分
のある戦争にもこういう悲惨な状況が生まれる可能性はある。
誰がヒト肉を食らった兵士を責めることができよう。

だが国家のために戦った(?)英霊の姿がこれではあまりにも
惨めではないだろうか。戦没者慰霊会で祈りをささげられる
英霊たちの真実がこれでは、あまりにつらいものがある。

見渡せば今世界のあちこちで同じような戦争が繰り広げられている。
過去の歴史から学ぶという人間の知恵はいったいどこへ行って
しまったのだろう。人間は未来永劫にわたってこのような愚かな
行為を続けて行くのだろうか。

スポンサーサイト

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuufuugama.blog66.fc2.com/tb.php/382-9f8fe388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。