プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

風立ちぬ・・本物編 

DSC02420.jpg


宮崎駿監督の映画“風立ちぬ”が評判になっていますが
こちらは小説家・堀辰夫の元祖“風立ちぬ”です。

“ Le vent se leve, il faut tenter de vivre ”
( 風立ちぬ、いざ生きめやも。  PAUL VALERY )

若き作家と、結核を患うその婚約者節子との短くも美しい
最後の日々を描いた小説である。

主舞台は八ヶ岳にあるサナトリウム。婚約間もなく2人は
療養のためここで、一緒に暮らすことになる。
世間から隔離された場所での束の間の新婚生活。
ベットに横たわる婚約者とそれを見つめている
華やかさも煩雑さもない、淡々とした日々が過ぎていく。

しかしその静かな生活の中で2人はお互いの愛が
どんどん深まっていくのを感じる。
雄大な八ヶ岳の山々の景色は2人の心に呼応するがごとく
日々美しく変貌していく。

時は風のように過ぎていき、愛はますます確実となる。
そして生きようとする希望が湧いてくる。

人生の幸福とは・・・愛があれば何もいらない。

やがて節子は帰らぬ人となる。




スポンサーサイト

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuufuugama.blog66.fc2.com/tb.php/376-4c9ae85c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。