プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

晩秋の木洩れ日ウォーク 2 



大日峠から観行峠を経て展望台まで約7?8キロを歩きました。

紅葉の時期を終えた木々たちは空に向かって、隠していた美しい
樹姿を惜しげもなく表わし、役目を終えた葉っぱの大群はふわふわの
小道を形成して、歩くものの足を優しく守ってくれる。

木洩れ日の中をぐんぐん進んでいくと、小鳥たちのさえずりが、あちこちで
聞こえ、まるで自然のコンサートホールにいるような感じであった。

人工的なデジタル音を、朝から晩までシャカシャカと聴いている
不健康な若者諸君。たまには外に出て自然の真ん中で、萎縮してしまった
耳を広げて、鼓膜にフレッシュな空気を送り込みましょう。

ベートーベンが毎日、ハイリゲンシュタットの森を散歩したのは、
きっと聞こえない耳で少しでも自然の音を吸収しようとしたからに違いありません。

そうこうしているうちにかわいい羊たちに迎えられて展望台につきました。
少し冷えてきたので展望台の食堂を借りておべんとうを食べました。

近くにいた森林作業のおじさんたちに“おねえさん、おねえさん”と呼ばれて
女房はすっかり舞い上がり、おまけにお茶のパックをお土産に4つももらって、
羊のようにハッピーとなりました。

スポンサーサイト

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuufuugama.blog66.fc2.com/tb.php/121-26e38eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。