プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

日本の帯紀行(2) 

DSC04419.jpg
 琳派風袋帯

先日テレビで西陣織の帯を紹介していました。
豪華絢爛で複雑な織りの技法もさることながら
一番感動したのは西陣の帯の紋様を豪華たらしめる
金糸の製作法です。

いかにしてあの細い金糸が出来上がるかというと
まず"楮(こうぞ)"で作った和紙に漆を丁寧に塗り
その上に薄い金箔を張り付けていく。
このとき金箔同士に一寸たりとも隙があってはいけない。

これをきれいに伸ばし、0,3ミリの厚さに裁断する。
こうしてあの強くて美しい金糸が出来上がる。
糸が紙でできているなんてちょっと信じられません。

DSC04420.jpg


あとは紋様に従って縦、横にこの金糸を織り込んでいく。
卓越した匠の技でなければなしえない美の世界です。

今日の写真の帯は西陣ではありませんが、琳派風の紋様が
織り込まれた、とてもインパクトのある袋帯です。
こちらも見ごたえのある作品となっています。
スポンサーサイト

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。