プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

国木田独歩“武蔵野” 

DSC03511.jpg


小説“武蔵野”の中で国木田独歩はツルゲーネフの
文章を二度にわたって引用している。“武蔵野”自体、
たいへんすぐれた自然描写に溢れているのだが、独歩は
ツルゲーネフのロシアの大地の描写に大いに魅了されたように
深い敬愛の念を持って長い文章を引用している。

「・・・あるいはまた四辺(あたり)一面、にわかに薄暗くなりだして
瞬く間に物のあいろも見えなくなり、白樺の木立も、降り積もった
ままで、また陽の目にあわぬ雪のように、白くおぼろに霞む
と小雨が忍びやかに、怪しげに、私語するようにパラパラと降って
かよった。白樺の木の葉は著しく光沢が褪めても、さすがになお
青かった。が只、そちこちに立つ椎木のみは総て赤くも黄色くも
色づいて、折々陽の光が、今、雨に濡れたばかりの細枝に繁みを
漏れて、滑りながらに抜けて来るのを浴びては、キラキラときらめいた。」

忙しい現代生活の中で、本の描写にじっと集中して自然の
光景を想像することなどなくなってしまったが、たまにはこう
いう静かな時間があってもいいと思う。有史以来、人間と自然は相携えて
成長してきた。今それが失われつつある。

科学や技術の発展とともに、世の中の総てがあまりにもあわただしく
動き、その波に飲み込まれて、人間の心がどんどん後ろに
置き忘れられていく・・・。そして無意識のうちに時間に支配された
空っぽな人間がどんどん増えていく。
寂しい時代である。
スポンサーサイト

PAGE TOP