プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悠風の里から

のんびり、ゆったり・・・前に向かって

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

心を癒す・・・藤沢周平の世界 

DSC04540.jpg

あれやこれやで肉体的にも精神的にもちょっと
疲れた時に読む本がこれです。

藤沢周平の時代小説です。どの本をとっても
その読後感はほんのりほのぼの。疲れた心を
やんわり癒してくれます。

最近は本を読まなくなったとよく言われますが
安っぽいテレビドラマを見て満足するより、このような本を
読む方がよほど感性的にはいいような気がするのだがなあ。

世の中忙しくなってしまって、じっくり活字を追っている
時間が無くなってしまったのかな。見渡せば身の回りには
これらの宝物(本)がごろごろしているのに実にもったいない
話である。スマホをいじって無意味な時間をつぶすより
お気に入りの本をじっくり読んで想像力を膨らませてほしいと
願うのは私だけだろうか。

そんな意味でもこの藤沢周平氏の本などはうってつけである。
興味のある方は是非とも藤沢マジックの世界へふみこんで
ほんのりほのぼのの世界を感じてみてください。
スポンサーサイト

PAGE TOP

2017年、仕事始め 

DSC04533.jpg
 カニを食って頑張る・・・

今年は息子の帰省もなく、正月3が日も空気のように
あっという間に過ぎ去りました。

今日から仕事始めです。 と言ってもいたってシンプル・・
もうあくせくと金を稼ぐような年齢ではないので、しこしこと
朝早くから夜遅くまでというパタ~ンはなし。やりたいことだけを
やりたい時にちょこっとやりさえすればいい。
金にはならないが、気持ち的にとてもリラックスできる。

そういうわけでポカポカ陽気の中、2時間だけロクロを引く。
バロック音楽を聴きながらのゆっくりと作業を進める。
カノンの調べが作品に乗り移ってくる。とても楽しい作業で
自画自賛的な見解だが、出来上がってくる作品もなんだか
いい出来の様な気がしてくる。

DSC04535.jpg


今年は3月に鎌倉、10月に藤枝と2回の個展の予定が入っている。
妻も一緒に作品を並べる。 夫婦そろって展示会ができるというのも
うれしいことです。個展というより、みんなで一緒に楽しみたい・・・
もうお祭り感覚である。どんな出会いが待っているかこれもまた
大いなる楽しみである。

今年もなんかいい年になりそうな気がしてきました。

PAGE TOP

この一年・・・感謝の心で 

DSC04526.jpg

大みそか、あと2時間で新しい年となる。
この一年を振り返ると、多くの人との出会いが
まず頭に浮かんでくる。

銀座での個展に駆けつけてくれた大学の友人や知人たち、
新しく立ち上げた"楽悠会"のメンバーを構成する高校の友人たち、
高校の同窓会で40年ぶりに出会った昔の彼女。そのほか
ギャラリーやカフェを訪れてくれた多くの人たち・・・
数え上げたらきりがない。

思えばこんなに多くの人たちと顔を合わせ言葉を交わしたのだった。
年を取るとともに交際範囲が狭くなっていくのが普通なのに
その逆の現象が我が家には起きている。ありがたいことである。

出会いをもたらしてくれた皆さんに心から感謝するとともに
来年も幸あれと祈ってやまない。

PAGE TOP

年を締める・・・ベートーベン第九交響曲 

DSC04521.jpg
  ムーティー&シカゴ交響楽団

年の暮れになるとどうしても聴きたくなってくるのが
これです。そう、ベートーベンの第九交響曲"合唱"です。

毎年毎年いろんなことがあって年の暮れを迎えるわけですが
あれやこれやの総まとめとして、この曲ほど一年の締めくくりとして
ふさわしい曲はないと思われます。

我々人間は一部の賢い人を除いては凡人の域を出ません。
その凡人たるゆえんは一年365日をいろいろな煩悩に悩まされ
失意と反省のうちに12月31日を迎えてしまうという宿命から
逃れられないところにあります。

DSC04524.jpg


そんな憐れな凡人に楽聖ベートーベンは癒しの交響曲を用意して
くれました。この曲を聴いて穏やかな気持ちを取り戻し、心洗われない
人はないと思われます。人間不信や自己嫌悪に陥っていた人たちも
"この地球に生きるあらゆる人間たちよ、一つとなって人間賛歌の
歌をともに歌おう"と呼びかけられたら、新たに勇気が湧いてきて
前向きに生きようとする元気が出てきます。

今回はユーチューブでリカルド・ムーティー指揮シカゴ交響楽団演奏と
いう豪華なコンサートを楽しむことができました。この深い感動を胸に
新しい年を迎えたいと思います。

PAGE TOP

模様替え…新年に向けて 

DSC04517.jpg


2016年も残すところあとわずかとなりました。
いろんなことがありましたが、最後に猛烈に模様替えが
したくなり、人の寝静まった深夜、しこしこごそごそ・・・
なかなかいい雰囲気にまとめることができました。

息子のお古のキーボード、学生時代に買ったギター、
お気に入りの観葉植物等々、それぞれうまく?配置し、
最後に尊敬するゴッホの"星空のレストラン"を壁に飾りました。
ほぼ完璧です。

家具の配置を変えるだけで部屋の雰囲気がガラッと変わってくる。
そしてその中に漂う空気もかわる。なんとなくポジティブな
風が吹いているような感じがしてきました。
これで来年も前向きに頑張れそうです。

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。